f:id:Catch227:20140801212036p:plain

ジープ グランドチェロキー(WK36)購入。

アメリカのSUVブランドのJeep。そのフラッグシップモデルのグランドチェロキーを購入しました。フォレスターに別段不満があったわけではなく夏タイヤもスタッドレスタイヤも寿命になっていたのと昨今のSUVブームなのでフォレスターも高く売れるかな。ってのが理由です。

グランドチェロキー

○欧州SUVと比べて値段は安めでこのサイズ、装備、見た目。 

×全幅190cm越えはちょっと気を使う。

○ギミック有りのエアサス

○レギュラー仕様

×それでも高い燃料費、燃費の悪さ。

×ナビ

 2011年のフルモデルチェンジから早8年、マイナーチェンジも2回ありますがいつフルモデルチェンジになってもおかしくない車です。ただ結構売れているらしく2018年で1600台程度、ライバルは値段的には、X3、GLC、Eペイス。サイズ的にはカイエン、X5、GLEが当たるみたいです。そこら辺と比べると価格は安いのが魅力。日本車でSUVだとレクサスのRXがあたりますが名古屋圏だと、結構周りにいるので魅力半減です。見た目も流麗なCX5、RXとかのヨーロッパ系よりゴツゴツしたフォレスターとかアメリカ系の方が好みです。

f:id:Catch227:20190312224335j:image

いつもの駐車場

サイズ

これを買うときに一番迷ったのがサイズです。全長4835mm、全幅1935mm、全高1805mmで前者SJフォレスターよりそれぞれ240mm、140mm、110mm大きい。特に全幅が1.9mを越えるとすれ違いや駐車場で気を使う機会が増えます。ただサイズと見た目の厳つさが相まって高速道路の右車線を走っていると避けてくれる車は増えましたw。特に車間とか走り方は変えてないんですけどねー。取り回しの面では最小回転半径が5.7mなのでフォレスターの+0.4m、レガシィの+0.2m。思ったよりはなんとかなりますが三重の狭い道ではセンサー鳴りっぱなしの道もあります。
f:id:Catch227:20190317163924j:image

どちらかにハンドルを切るとすぐにセンサーが反応する三重のみち。 

f:id:Catch227:20190317192021p:plain

ラレードとリミテッドとスターリングエディション

489万と610万円で値段の差は121万円。ラレードは衝突被害軽減ブレーキ、アダプティブクルーズコントロールが付いていないので止めました。この値段で安全ブレーキ無しは容認できない。エアサスも付いていないです。自分が購入したのはスターリングエディションでベースのLimitedから+10万円で18⇒20インチホイール、サンルーフがついた仕様でした。6月のこれを皮切りに2018年はアルティテューデ(7月)、アップランド(9月)、Sモデル(12月)と特別仕様車を立て続けに出しているので自分の好みの色、仕様であれば特別仕様の方がお得感が強いと思います。

f:id:Catch227:20190317161213j:plain

f:id:Catch227:20190317161225j:plain

f:id:Catch227:20190317161236j:plain
Grand Cherokee Sterling Edition | SUV | Jeep®

www.webcg.net

エンジン

V6 3.6l NA、290ps、35.4kgf.mで初V6、3l越え。パワー、馬力は2lターボのSJGフォレスター、2.5lターボのBR9レガシィとほぼ同等。ダウンサイジングターボが流行の今3.6lノンターボを選択することは完全に時代に逆行してますがスバルも3l以上は日本で出してくれないし3.6lも廃止になりそう。JEEPも最新Wranglerは3.6lも残っていますが2lターボ積み出していつやめてしまうか分からないので乗れるうちに大排気量車に乗ってみようかと。その分日本では人気なく売却金額は期待できないので乗りつぶします。

ガソリンがレギュラーなのはうれしいですが燃費は9.6km/lで13.2km/lのフォレスターにはハイオク⇒レギュラーの値段差を考えても勝てないです。税金も高い。燃料タンクは93lで今なら余裕の1回1万円越え。ただ燃費考えてもフォレスターは遠出時600kmちょいなのに対して700kmはいけるからそこは○。コペンなんて30lで350kmぐらいでちょいつらい。。40lにしてくれ!セルフ派としては給油口が左なのは残念ですがキャップレスなのは楽で良いですね。
f:id:Catch227:20190317163939j:image

キャップレスの給油口。最初入れ方分からなかった。

f:id:Catch227:20190317192111p:plain

運転

馬力、トルクはそのままで重くなったので軽快感は無くなりましたが低回転域は扱いやすく、踏んだときの音も○。スバル車はトップクラスの見晴らしの良さなのでそれと比べるとやっぱ悪いです。特にミラー付近はごってり。後席も暗く、フロントシートが大きいため前方の視界は良くないですがサンシェード開けると明るく開放的。今回初めてサンシェードを付けましたがオープンカーのコペンとは違った良さがあることが分かりました。

エアサス

初エアサス。駐車すると下がる。走り出すと上がる。高速になると下がる楽しいやつ。そういうギミック大好きです。乗り心地はフォレスターSJG A型に比べて断然良い。段差のいなし方と後部座席の良さは圧勝。

ナビ

あんまり良くない。サイバーナビとかも付けられるみたいだけどプロのお仕事なのでお高い。多分このまま、地図のアップデートも出来るか不明なのでY!カーナビの使い方勉強中。線路が無いところでも注意してください。といわれるんだがそれくらいなんとかならんか?せめて音消させてくれ。

シートヒーター、ハンドルヒーター

シートヒーターは前車フォレスターも前席は付いていたけど後席も付いているのが○。ハンドルヒーターは最初いらね。と思ってたけど良い。こっちに慣れるとコペンの朝がつらい。。共に3℃以下の場合自動で付くのは良いがシートヒーターが強なのでしばらくすると熱くなりすぎて困り中。

電動テールゲート ○。ただしボタンで流行りの足をかざせば開くタイプではないです。

サイドミラー リバースチルト機能、オート格納機能 バック時にしたが見えるやつとロック時に収納、エンジンオン時に開くやつ。とっても便利。

運転席メモリー機能 運転者が変わるので便利。メモリーは2つ。

いろいろ照明 オプションで付けようとは思わないけど最初から付いてる分には否定しない。

タイヤ クムホ製なのがちょっと。ブリヂストンかヨコハマにしたい。

リモコンキー でかいなあ。エンスタとか海外で出来ることが国内では出来なくて無駄なボタンが多いのが残念。

 

トランプ大統領に忖度して購入したわけでは無いけど初の外車、アメ車。 ほぼいじるところは無いのでこのまま大事に乗っていきたいと思います。壊れないと良いなあ。