読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
f:id:Catch227:20140801212036p:plain

NASVA(自動車事故対策機構)、予防安全性能アセスメント

フォレスター(SJG) ひとりごと

NASVA(自動車事故対策機構)の予防安全性能アセスメントの試験内容と、国内8メーカーの26車種について実施した試験結果を公表されました。

試験方法・評価方法

JNCAP|予防安全性能アセスメント - 予防安全性能アセスメントの概要

被害軽減ブレーキ※(前方自動車との衝突に対して)

 試験車を時速10 ~ 60km/h で模擬車両(ターゲット)に後方から接近させ、被害軽減ブレー キの作動試験をします。
 試験は、ターゲットが止まった状態での試験と、20km/h で走行している場合の2種類があります。警報またはブレーキの作動により衝突を回避した場 合、あるいは衝突した場合でも、衝突前にどの位速度が低下していたかに応じて得点が与えられます。

※正式名称:衝突被害軽減制動制御装置:Autonomous Emergency Braking System(AEBS)

衝突被害軽減制動制御

車線はみ出し警報※

 試験車を時速60km/h または70km/h で走らせ、道路の白線からはみ出したときに、警報を発するか否かの試験をします。警報を開始した速度が低い方が高い得点が与えられます。

※正式名称:車線逸脱警報装置:Lane Departure Warning System (LDWS)

車線逸脱警報装置

総合評価

 評価点は、日本の事故実態を踏まえて死亡・重傷事故を少なく出来る効果に応じて与えられ、その合計が2点以上の場合には先進安全車(ASV)として認定されます。さらに12 点以上の場合は先進安全車プラス(ASV+)として認定されます。

 上記2つの試験を行い得点が高い方が予防安全性能として高くなります。

結果

スバル  レヴォーグ 40 カメラ
レクサス LS 40 ミリ波レーダー+カメラ
日産   スカイライン 40 ミリ波レーダー
スバル  フォレスター 39.9 カメラ
スバル  インプレッサ 39.3 カメラ
日産   エクストレイル 32.5 カメラ
日産   ノート 28.7 カメラ
マツダ  アテンザ 27.6 ミリ波レーダー+レーザーレーダー
レクサス NX 26.9 ミリ波レーダー
トヨタ  カムリ 26.2 ミリ波レーダー
マツダ  アクセラ 25.8 ミリ波レーダー+レーザーレーダー
レクサス IS 25.5 ミリ波レーダー
ホンダ  オデッセイ 25.3 ミリ波レーダー
三菱   アウトランダーPHEV 22.9  ミリ波レーダー
トヨタ  ハリアー 22.8 ミリ波レーダー

 ↑ASV+
スズキ  ソリオ バンディット 10.7 ミリ波レーダー
スズキ  ハスラー 8.9 レーザーレーダー
スズキ  ワゴンR 8.9 レーザーレーダー
スズキ  スペーシア 8.8 レーザーレーダー
ダイハツ タントカスタム 8.0 レーザーレーダー
ホンダ  N-Box Custom 8.0 レーザーレーダー
ホンダ  N-WGN  8.0 レーザーレーダー
ホンダ  フィット 8.0 レーザーレーダー
ダイハツ ミライース 7.8 レーザーレーダー
ダイハツ ムーブカスタム 7.4 レーザーレーダー
ホンダ  ヴェセル 6.7 レーザーレーダー

 ↑ASV

満点はカメラのレヴォーグ、ミリ波レーダー+カメラのLS、ミリ波レーダーのスカイラインが満点でトップになっています。スバルはレヴォーグの他にアイサイトVer2のフォレスター、XVともに高い点数となっています。Ver2アイサイトは30km/h以内が動作保証範囲になっていますが60km/hでも動作するようです。

f:id:Catch227:20141026235002j:plain

f:id:Catch227:20141027000108j:plain

 変わって点数が低いのがレーザーレーダーを使用している軽自動車、ホンダが低いようです。点数の差ははみ出し警報が付いていない(付いている車種は満点の8点が付いている)ことと被害軽減ブレーキが軽自動車で30km/h以下、ホンダ車で25km/h以下でしか作動しないのが原因のようです。

f:id:Catch227:20141027204507j:plain

今回の試験で分かるのは被害軽減ブレーキとして一定の効果はあること。

ただし性能はカメラ>ミリ波レーダー>レザーレーダーのように性能差はあること。

1番知名度のあるアイサイトは性能も今回測定方式の中ではトップクラスであること。

でしょうか。

レザーレーダーは30km/h以下では動作しないのはデメリットですがアイサイトの10万円に対して5万円と安価で搭載できるメリットがありますし、アイサイトもガラスが汚れていたり映り込みや逆光、大雨などでは動作しないことがあります。付けることも大切ですがそれを過信せず原理なども少し勉強してシステムの得意、不得意を頭に入れておくとより一層事故を減らせると思います。

今回は車との衝突でしたので人との試験もやって欲しいです。おそらくミリ波、レーザーレーダーは苦戦。カメラ搭載車が優位になると思います。

 

ちなみにアイサイトはプリクラッシュブレーキは一時的、はみ出し警報はOFFにすることができます。以前Twitterのネタで見ましたがラブホの入り口のびらびらはOFFにしておけば大丈夫です。はみ出し警報は路駐の車を抜くときにピーピー鳴るのでより一層うっとうしく感じます。