f:id:Catch227:20140801212036p:plain

コペン(LA400K)のスピーカー交換を考える。 その2

 

コペン(LA400K)のスピーカー交換を考える。 - Catch227's diary

 

前回コペンのスピーカー交換のために情報集めましたが16cmだとバッフルも不要で付けることができそうなのでBGレガシイの時の時のスピーカーを取り付けます。友達のマークⅡから外してもらった年代物。付けたのはKENWOODのKFC-LX16という2002年発売のスピーカー。もうメーカーのサイトからも消えている一品です。

ケンウッド、車載スピーカーの2002年春モデル

 

ドアパネルの外し方はアルパインの製品取り付け情報が見やすいです。

①ドアグリップガーニッシュを外す。

②ネジ3カ所外す

③ドアトリムを外す。

 

http://www.alpine-fit.jp/alpine/pdf/3990_1406_n.pdf

f:id:Catch227:20150317235344j:plain

 ドアパネル固定のネジは3カ所です。ドアハンドルとドアグリップの2カ所。外れを外してもグリップが外れるだけです。ドアグリップは持った感じが固くて痛いのでそのうち布でも貼ろう。

f:id:Catch227:20150318231926j:plain

ドアトリムを外したところ。ドアトリムにはカーテシなどの配線もなくそのまま外れます。ドアに発泡スチロールが付いているのは初めて見ました。スバルはないのかダイハツがそうなのかコペンがそうなのはかは不明。純正スピーカーはネジで3カ所留められています。

f:id:Catch227:20150318231939j:plain

スピーカーを外したところ。ネジはタッピングねじで留まっていて純正位置にそのまま取付なら楽勝ですが別の取り付け方をする場合はドリルで穴の拡大などが必要になりそうです。 

f:id:Catch227:20150318232054j:plain

穴の径はアルパイン情報にある通り136mm。ドアまでは100mm以上ありますが窓を下げると80mm強、左側は黄色い部品までが69mmになります。ドアに直接取付なら69mm未満、バッフルボード付けるなら69mm+バッフルの厚さまでが取り付け可能になります。バッフルボードの厚さが何mm以上だと内張りと干渉するかは今回は分かりませんでした。

f:id:Catch227:20150318232002j:plain

KFC-LX16との接続はカプラーオン。KFC-LX16は純正のネジを使用して取り付けましたが取り付けたあとの写真忘れた。。

f:id:Catch227:20150318232154j:plain

クリップとボディの間に黒いドーナツ状のシートが挟んであります。クリップに付いてくる場合とボディに残る場合があるのでボディ側のはクリップに戻したあとはめると挟んだりしないと思います。

クリップ側

f:id:Catch227:20150318232204j:plain

残った側

f:id:Catch227:20150318232159j:plain

ドアパネルの裏側。クリップ位置の参考に。ただ左下のクリップがボディ側に残っているのに気づかず1カ所足りません。

f:id:Catch227:20150318232107j:plain

 16cmを純正位置に付けるのは簡単ですね。しばらく付けて気に入らなければまた検討します。

 

 2015/06/28 追記

スピーカー交換しました。

catch227.hatenablog.com